本文へスキップ

新潟の柏崎山奥から〜




TOP乗ってるバイクWR250R >WR250Rサイレンサー交換

WR250R サイレンサー交換

DELTA バレル4



サイレンサーの交換には少々抵抗がありました。
せっかく地球環境に優しいクリーンなサイレンサー付いてるのに・・それを外すとは〜
自然を愛し、ちょっと道を荒らすオフライダーとしては・・
おまけにノーマルでいい音してるし・・

それをお金出して、交換なんて・・




でも・・





ズシリ

重いんです・・

とても重いんです><

激しく重いんです><






ところで、純正マフラーとても高いです↓



138600円!?EXUPや触媒にレアメタルふんだんに使った結果でしょうか?

このような高級品を凹凸傷だらけススまみれにできない!



よって、


高価な純正保護と軽量化を追い求め、やむなく交換です。






社外サイレンサーについて

おいら、見た目のデザインはあまり考えませんでした、山行ったら傷だらけのボコボコになるしw

軽く、安く、静か、が購入のポイント。

で、購入したのがDELTA バレル4でした。



小さく、軽く、とても良い。


しかし・・・


しかし・・・





問題点を考える〜




@ 排気音

山だけ走るならちょうどよいですが、街中ではストレスとなります><

住宅地など近隣への配慮を必要とする方には絶対おすすめできませんw

少し高いけど、バレル4-Sサイレンサー(JAMCA認定/90db)を買えば良かったと少し後悔しております。

デルタ:DELTA/バレル4-Sサイレンサー
デルタ:DELTA/バレル4-Sサイレンサー WR250R



デルタ購入当初は未発売でしたが、
最近のお奨め(一番人気)はコレです。


FMF /Q4 スリップオンマフラー
FMF /Q4 スリップオンマフラー WR250R

消音もばっちりのFMF

これから買うならFMFがいいよ。
バレルは容量が無さすぎで、消音考えても排気効率悪いです。












8/8追記


消音化対策に

DELTAのロードノイズインナー買ってみました。


デルタ:DELTA/デルタノイズインナー
デルタ:DELTA/デルタノイズインナー


↑廃盤になってます。

デルタ:DELTA/リストリクターローノイズ
デルタ:DELTA/リストリクターローノイズ


↑改良型です。


バレル4-S、バレル4-MINIには装着できません。
排気効率を犠牲にすることなく、約7dBの消音可能。(車両により多少異なります。)
取付は、標準のリストリクターを取り外し、ローノイズインナーに付け替えるだけのボルトオン装着。

↑と、メーカーの説明あるが・・


廃盤の鉄製

ノーマルリストリクターがステン製に対し、「鉄」ですw 長さの違う3本のパイプが溶接されてます。
それに少し重め・・+100グラムくらいかな。



うお、出口狭いw
排気効率を犠牲にすることなく・・
ほんとかい!すごい犠牲になってると思うがw

でも、消音には著しく効果あるかも?


装着してみました。


まず、デルタのリストリクター外すのですが〜けっこう大変。
外れないんですw

原因はリストリクターが液体ガスケットで接着してあるせいです。
ガスケットリムーバー吹き付けても浸透するかどうか・・


タップ/バカ穴部分横から、先端の鋭い工具叩き入れて浮かせるか〜
穴のピッチ計って、回せる治具(特殊工具)自作じゃw


叩き入れ(浮かせながら回す)なら部分のアルミ外殻部分はNG
外縁部傷つけ変形します!部分で勝負です♪
(外縁部がリストリクターよりはみ出てない個体はOKだよ)


大きな傷もなくパコッと外れる・・ここは見えないとこなんで、少々の傷はOKでしょう♪

交換で完了


すごい、ノーマルより若干音は大きいが、爆音レベルから著しい改善

ノーマルでもいいですが、それに近い(社外マフラーとしては物足りない音かもw)

音質も決して悪くありませんが、ちょっと・・こもり気味かなw

さらにはAIS外さなくてもアフターファイアが消えました

パワーは明らかに落ちますが、軽量化の目的は充分達せられ〜満足。

お山やレースならリストリクターに付け替えればいいわけで♪

付近の林道、日常の足、通勤が主なおいら・・これでよい!

これにて排気系はいじること無いと思います♪


以上




次に〜






A EXUP

社外サイレンサー装着しますと、WRご自慢の排気EXUPがキャンセルとなります。
EXUPは低回転でのトルクや排ガスに効果〜などと記載あり・・少し躊躇しますが〜
しかし、パワー曲線みるかぎり問題無さそう〜  → 参考


ちなみにEXUPサーボモータも取り外してしまうこともできます。
メーターに電装異常の警告灯が常時点灯となります><
(解決方法だれか教えて!)

出てきました、コレのキャンセル方法













B 燃調


通常、抜けのよいマフラー交換でキャブの燃調もとらないといけませんが・・
WRはFI(インジェクション)で、ECU(エンジンコントロールユニット)が燃調を制御
多少の吸排気状態の変化なら自動で調整され、いじらなくてもよい♪
(四輪や大型二輪では半ば当たり前になってますが、まさかオフ2輪でこのような時代がくるとは・・)

大幅なチューニングやセッティング変更では、ECUの補正機器がある → 参考
これはECUに割り込ませ、補正させる機器です。

さらに、整備書に記載されている〜
燃調(CO2排出制御)をデジタルメーターで変更可能
やってみました → 参考












C サイレンサー露出
純正のガードが付きませんw 
サイドカバー変更移植か、大きめのヒートガードか、自作か・・今後のカスタムポイントです。
重量増は避けたいですが、乗せた荷物など触れれば溶けます。

WR250R・・環境性能ゆえか、リーンバーンでエンジン各部が非常に熱く感じます。


露出したマフラー、転倒で簡単に傷つきます(オフ車だからいいけど)


これはダメ
この部分ヒートガード絶対要ります。(モトパン溶けてますw)
(レオビンチはヒートガードついてる)

転倒時にバイク起こすときなんか火傷します><


上記の対策は「WR250R車体のガード2」で










とりあえず以上





慣らし中にサイレンサー交換して・・ノーマル状態がすでに不明ですがwww
末端に位置するサイレンサーの軽量化効果は大きいです。
ノーマル4.8sからデルタ2.2sで-2.6s軽量化。サーボモータも外せばあと少し落とせそう♪


09/10
サーボモータも無事外しました^^

排気系だけで
マフラー+AIS+サーボで、 -3.5s
軽くなってます。




つづく・・・



バイク用品&インプレッションウェビック