本文へスキップ

新潟の柏崎山奥から〜




TOP乗ってるバイクWR250R >WR250R車体のガード2

WR250R 車体のガード2
WR250Rはデザイン上の理由からかサイドカバーがマフラーを覆わない設計

そのため大型の樹脂製マフラーガードが装着されているのですが・・



社外マフラーに交換すると・・・ガードが付かず、露出



これはこれで、とてもかっこ良いのですが・・


転ければ・・



簡単に傷がつくし、凹む・・



おまけに・・サイレンサーとエキパイ継ぎ手部はモトパンが触れて溶ける!

積み荷やバックパックから垂れ下がるヒモなども触れれば溶けますww

ツーリング派ならここの対策必須です!

(レオビンチなどはカーボンヒートガード付いてる)

国内の社外マフラーメーカーは責任を持って、ここまでやるべきだと思うぞ。
(別売オプションでもいいから)


WR250R、社外マフラーは完全露出でガードを工夫する必要あります。


そこで考えたのが


DELTAバレル4に純正のマフラーガードを装着する!


デイトナ:DAYTONA/サイレンサーヒートガード
デイトナ:DAYTONA/サイレンサーヒートガード




当初考えたのがデイトナのサイレンサーヒートガード

と、言っても・・このまま装着すると凄くかっこわるいですw

必要なのはステンバンド(φ100〜)と取り付け金具類

いずれもホームセンターで別個に買った方が安いです^^

流用できそうなものいくらでもあるし♪

では、純正のマフラーガードを装着します




純正ガードの裏にステンバンドの通る金具をセット



マフラーガードの前部はタンデムステップの空いた穴を使う
ガードと穴のスペースは適当なアルミのカラーを入れる
(画像はLANZAに使ってたもの流用)
M6のビスとナットで固定



ステンバンドを金具に通してマフラーに巻く
鉄のバンドでも良いですが、錆びないステンがおすすめ。



バンド締めて



完成!

取り付け穴をタンデム部にしたこと、バレル4が純正に比べショートなせいもあり、
純正より右下にずれた位置で固定されます。



必要に応じてガードをカットすれば、もっとスマートな外観かも

タンデムの穴からステーかアルミの下駄作れば位置は自由自在(面倒w)
※(近日作ってみます、ベストな位置に固定したいし)

でも、今はこれで充分♪

マフラーの傷/熱対策はこれで完了^^

重量増も最小限に抑えられ、満足度大

最後に問題点は・・

激しく転倒すればバンドの留め金具がアルミマフラーを凹ませる可能性も。
マフラ−の「r、φ100」にそった留め金具自作も良いですね〜

さらに、外観が完全にノーマル化しますw
せっかくの社外マフラーがアピールできない!って方はNGかなww

しかし、オフ乗りで「マフラ−は軽量化が最大の目的」ならコレおすすめです♪

ホームセンターで良い材料見つければかなり安くできる工作です。


おいら的カスタム満足度かなり高いです♪



08/31 更新

上記の
「ステーかアルミの下駄〜」作ってみました


アルミの端材を利用して、長穴&穴あけ



これで、カバー位置は自由に振れます。



なかなか良いです。

取り付け角度の問題もありますが、必要に応じてステーを削るなりして対応。



最近見たらこんなん出てたよ

DELTA デルタ/サイレンサーヒートプロテクター
DELTA デルタ/サイレンサーヒートプロテクター WR250R


みんな溶かしてたんだなぁw




あと、ZERO-Gから、WR用のサイドカウルが!


↓クリック
ZERO-G  /WR250R/Xサイドカバー
ZERO-G /WR250R/Xサイドカバー WR250R



ちょっと高価だけど、マフラーの転倒傷や熱対策にはかなりオススメ。
WR乗りの注目を集めるねw




バイク用品&インプレッションウェビック