本文へスキップ

新潟の柏崎山奥から〜




                 TOP乗ってたバイク > TYS125F 


TYS125F 整備とカスタムの記録


SCORPA TY-S125F


09/06/09 納車のときの記録


シートもしっかりでトレールっぽい?ですね


ナンバー全然見えませんw


トラ車です、細身っ。


マフラーもスイングアームも打痕や擦り傷があまりないです。逆側はブーツのスレが多少有り
(じき・・おいらがボロボロにするかな)


エンジン周りの外観もコンディション良し


始動性など問題はないです。


軽1BOX(ハイゼット)でも余裕で積載。








近くの獣道と鉄塔作業道に入った。


早速、LANZAで苦戦してる獣道遊びに行ったけど・・・楽々です、軽いって凄い。

ただ、125ccはパワーが・・、丸太越えなどフロントアップはLANZAと比較してもタイミングがずいぶん違う。

しっかりアクセル開けた後、クラッチと体重移動でをしっかりしないと思うように上がらない。

30〜40馬力もある250トレールのようなパワーに頼った操作はできないです。

2stと違って、シャキーンってな具合で後輪も回りませんw

TYSエンジン(TTR125と同じ)は9馬力だそうです。

4st125の特性を理解し、ちゃんとした操作をすれば・・

テクを身につけられそうw

道は険しいですww









09/06/14〜
メンテナンス記録

とりあえず前のオーナーさんの整備状況も確認しつつ分解清掃してみました。
まずはワイヤー類の注油

アクセルはジャリって感じでスロットルチューブに砂でも入ってる様子、
ワイヤーも戻りが少し悪く抵抗がかかってます。
いずれにしてもスムースではありません。


分解清掃&フッ素潤滑スプレーでクルクル回るようになった。


清掃とシリコンスプレーで注油

アクセル側はOK


クラッチは〜

クラッチは油圧化してませんで、ワイヤー。
トラ車はここがスムースに動かないと・・

ワイヤーは錆びてません、逆に劣化した油が真っ黒に蓄積。
動きも抵抗感があり渋い><

ワイヤーインジェクターでパーツクリーナー吹き込んで内部の油脂を除去。
そのあとフッ素配合556流し込みました。




ワイヤー類の潤滑はずっとコレ使ってます。


エアクリーナーも確認するとカラカラに乾いてましたw

エアフィルターオイルスプレー吹いて装着。




中古で買ったTYS〜

油脂類の劣化(乾燥)具合から、直前まで使用されていた形跡はありません。

トライアラーなら乗ってれば定期的にメンテしてるはずです。

放置期間が相応にあった様子。


エンジンはSOHC125YAMAHAエンジン。
オイル交換だけで充分かな。
ただし、ミッションがA→@に落ちないことがあり、ニュートラル入っちゃう。
ニュートラルから→@に落ちにくいこともあったり〜
下手くそなだけでしょうかw



ここまで〜
090614



つづく




6/20


ロングチェンジペダル



ノーマルだとシフトチェンジが正確にできませんで・・ましてや新車の様に固いシフトです。
ロングに変更で改善しました^^



キジマのフォークプロテクター
1500円ほど


LANZAもアウターはガリガリ、綺麗なうちに保護しておきます。
カーボンのかっこいいのもありますが、割れないPP樹脂が一番かなと思ってます。




エンジン周りの整備&クリーニング


マニホールドが・・

亀裂と穴あき><




完全に経年劣化です。


このマニホールド、ネットで調べると〜

新品の時からすんなり装着できないようで、

エアクリBOXとキャブの間を窮屈に曲がって装着されるみたい。

そして無理に曲げられた箇所から劣化が進行、1〜2年で割れるみたいです。

まぁ、国産車では1〜2年でこのようなことはおきませんw

じゃあ新品交換!

ところが、どこに問い合わせても
在庫なし!!

仕方ないので、間に合わせで修復リペアした。


綺麗に洗って油分除去して・・全面にシリコンシーラント塗り。


ビニルテープ(ベトベトしない自己融着テープの方)巻いて再装着。

問題は出てませんが、新品きたら即交換ですw

しばらくは大丈夫でしょう。



交換しました。



クラッチストッパー



昔からあるのでご存じの方も多いですが



ニュートラルに入れなくても、クラッチ握ってなくてもよい便利なストッパー

人差し指で押し下げ、クラッチ握るとパチンと解放されます。

初めて見る方はこちらで検索するとよいです

36X-83965-00

YAMAHAの純正で品番です、近所のバイク屋でとれます。




2010/4

ミッションの不調

BBSに書いたのでそのまま貼り付け。








2011/01/10
半年ぶりの整備


昨年から、チョークが全然効かなくて、エンジン始動が大変。

原因は判ってて、
コレ

品番[5HP1410A10] スタ-タセツト★メーカー在庫残りわずからしい。
販売価格(税込) \2,195 × 1 = \2,195

去年にキャブから外したら中がサビサビで、ボロッと錆の塊が落ちてきました。
スプリングが錆びてボロボロ・・それが蓄積して流路を塞いだみたいです。

念のためチョークのケーブルワイヤも購入して、全部ばらしたところ・・
どうもスプリングの錆だけが問題みたいで、ケーブルもその他も問題なし。
スプリングとOリングだけでよかったみたい。
(純正でなくてもなんとか買えるし・・余計な買い物でした)

とりあえず整備


チョークのノブ取り外し


このまま整備しようと思ったけど・・
この機会にキャブの清掃も♪


TYSは整備が楽々です。




目視点検


きれいなものです


そういえば、燃料の真鍮部品がグラグラでした。
去年、簡易固定でエポキシで周囲埋めたんですが、今回はしっかり圧入。


ケーブルは問題無かったのでそのまま使用。


ワイヤーインジェクターで注油

これでおしまい。

組んで、エンジンかけると・・

ばっちりでした^^

あとは、これです。


両側から亀裂が・・



次のまくれで逝きそうです><

ここはデークラフトさんのカイダック製フェンダーを装着の予定。