本文へスキップ

新潟の柏崎山奥から〜




              >TOPツーリング他ツーリングの記録 >湯沢・中里・津南〜竜ヶ窪温泉 

ツーリングの記録 04/06/19 湯沢・中里・津南〜竜ヶ窪温泉


新潟県湯沢町 湯沢(苗場)林道入り口前にて 04/06/19
この日は「林道友の会」長岡川東支部長HARA氏と十日町支部長37F氏と3人で湯沢→中里村→津南町周辺の林道を走る。
題して「へっぽこツーリング湯沢・中里道中記」(笑
この苗場林道、国道17号線をみつまたスキー場付近のトンネル近くから入ります。
しばらく走るとなんと有人ゲートあり!
管理人のおじちゃんがしっかり目を光らせています、ニコニコ笑顔でマナーと節度をもって通過しましょう〜(笑)
また登山や山菜採りシーズンは四輪がたくさん入ってきてます、コーナーなどしっかり減速です〜
ゲート通過後しばらく走ると画像のようなとこに・・
ここを右折です。


6月後半だがまだ大量の残雪が・・
お〜残雪の下には湧き水が溢れ雪が大きくえぐれています、興味津々のHARA氏と37F氏(笑
路面はオールフラットな砂利道です、観光林道でもありとても整備されています、が時折落石もあり注意。
できればもう少し変化のある路面を期待したいですが贅沢でしょうか?(笑
しかし湯沢から津南へ、折り返して田代の七ツ釜、支線など走るとダートだけで70q以上有ります!
半日遊べます〜


おっと〜これは!


すすまない・・・登れない・・・(泣

東京電力の高圧線鉄塔がいっぱいありますのでおもしろげな作業道が点在、その一部に入っていくと・・
ぎえ〜谷底に〜こりゃ行けない・・引き返す
・・が  ちゅるちゅる坂道で進まん〜
HARA氏とおいらは悪戦苦闘(笑


落石場所だが・・少し不自然〜
岩の上にきれいに二つの石が乗ってる。
画像では少し小さく見えますが実際は大人が抱えるぐらいあり、とても人力のなせる業ではないと推察。
う〜んこれは神のなせる業です。


うりゃ〜
コーナーを駆け抜ける37F氏
この日転倒したのはおいらだけ(泣
みなさん鮮やかに走り抜けてます(汗


途中△の建物が!

三人で興味津々です(笑
・・・よく見ると、トイレです!
観光林道だってわかりますね〜
でもなんでこんな形なの?そうですね〜雪国の方なら分かりますがここはスキー場のメッカ湯沢中里、豪雪地帯なんで雪のためにこんな形なんです〜。


恐る恐る扉を開けると〜
中からは香しい木の香りが〜
大方の予想を裏切る展開?
とても管理の行き届いたトイレ(すごく綺麗です)
「洋式便座ならここに住める!」と、HARA氏がつぶやく〜(笑
37F氏と激しく同意(笑


津南までおりて記念撮影「パシャリ」
これまでの画像は全て携帯で撮った写真です(SO505i)
やはり、いまいち綺麗に撮れない〜
だっておいらが男前に撮れてない・・・(爆
ここでピストン、田代の七ツ釜へ進路変更!
そこには絶景と昼ご飯が待っている(笑


着いた〜七ツ釜
七ツ釜ってなんじゃ?
説明を読むと・・・
滝が七つあるの?
違うみたい、滝壺と滝淵が1qに渡って連続する景色の良いととこみたいだ、早速拝見!


お〜これは!

高い絶壁の岩が幾筋も縦に連なってる〜
美しい・・・・
しかしこのとき3人は素直に感動している余裕はなかった・・・
なぜならば、湿度と空腹と疲労に脱力状態(笑
色気より食い気でござる!
このあとラーメンを食すが三人ともガツガツ喰らい撮影の余裕も無かったことをここに付け加える(爆


ラーメンを喰らうと(笑)すぐさま竜ヶ窪温泉へ

約10qくらいです。
ここの温泉は見た感じ地域の健康センターみたいだけど500円で入浴でき温泉もなかなか本格的です、泉温度も60.1℃で沸かし湯じゃありません!
少しショッパイよん。
ゆっくりでき満足度はかなり高いぞ!お勧めします。
あと温泉客には地元の美人が多い
〜新潟美人多し!?
混浴じゃないよ(笑



ここでビールで乾杯〜

いや〜うまいのなんのって〜 ういっ
おいらはこのためにバイク乗ってるいっても過言じゃないです(笑
これにて「へっぽこツーリング湯沢中里道中記」は終了〜
湯沢中里は冬はスキー夏はツーリング、年中楽しめるとこです。
関東から新潟方面にツーリング来られる方おすすめコースですよん〜
注)湯沢林道は四輪多いです、ゆっくり安全運転で。




バイク用品&インプレッションウェビック




ki