本文へスキップ

新潟の柏崎山奥から~




              >TOPツーリング他ツーリングの記録 >第3回天地人「愛」ツーリング 栖吉城~栃尾城 

ツーリングの記録 09/04/05 第3回天地人「愛」ツーリング 栖吉城~栃尾城



栖吉城

今回は栖吉城と栃尾城の二つの城を踏査。
メインは栃尾城と考えてましたが・・・栖吉城の大規模な城郭に感激!
嬉しい誤算でした。



より大きな地図で さとやんの越後の城と林道 を表示


毎度の事ながらお城については、 埋もれた古城 こちらを参考にされるといいです。
お城では一番おすすめサイトです。


現地案内人は地元のHARAさん
 
栖吉神社から登ります。
(この神社、元は館か出城であったと推定)


大穴が・・  見つめるTheEndoさん バイクで行ける?


天気もよく、ハイキングコースとしても最高。
オフバイクは行けないこともない・・でも遺構を壊してしまう。
やはりオフ車での乗り入れは×ですね。(MTBなら良いと思う)


城趾探索って、自然の中にある不自然さに感動するんです。


きつい登りです、与板城より足腰にくる><
オフ車で入ってくると・・ここらで谷底落ちw

 
道は栖吉神社のほかに普済寺からのルートもある。

 
連珠砦(畝状竪堀/うねじょうたてほり)跡

うねじょうたてほり・・なんですかそれ?w

お城の本など読んでいても、その用語には聞き慣れないものも多く解説が必要
↓谷ヤンさんのHPが参考になります。

お城と戦国大名(TOP)お城の基礎知識>城郭用語の基礎知識



急な斜面を・・なんとか登り~


やっと三の丸に到着!

 
二の丸へは土橋がかかり、左右には堀が確認できます。


この時期は草木も薄く地型や輪郭がよくわかります。

 
雑木は伐採され、ほどよく整備も行き届いております、遺構の状態はとても良いです。


本丸到着(なかなか広いですよ)


栖吉城が規模の大きな城郭だったことがわかります。

栖吉城の見所は巨大な空堀。

 
↑本丸周囲(東側)の堀。これでも年月の経過でだいぶ埋もれたはずですが・・深いです。

 
詰めの曲輪(出城)に至る巨大な堀。 ここは橋が架かっていたらしいです。
高低差は~10メートルくらい??


門があったであろう 礎石らしきもの。



素晴らしいです。
前回踏査(見学)した与板城などは現在の与板市街至近にあり、訪れる人も多く、遺構保存が行き届いてる感じがします。
たいして、栖吉城は長岡の外れに位置し、いまでは人々からも忘れられた山城。
~よって、荒れるがままと思いきや・・
必要最低限の整備でダイナミックな遺構がはっきり遺っていました。
特に高低差のある大きな空堀などは一見の価値有り。

次に行く栃尾城はこの栖吉城の支城であったということもこの日知りました。
栖吉城に古志長尾氏が入城後、元々ある栃尾城を支城として整えていったとのことで、
本城である栖吉城が大規模な城郭であったことも理解できます。
上杉謙信の活躍からどうしても栃尾城の知名度が高いのですが、

「栖吉城も凄いぞ!」

と思いました^^


栃尾城


より大きな地図で さとやんの越後の城と林道 を表示

栃尾市街から登ると大変きついとのことで、裏ルートで登る。


HARAさんのおかげで楽ができました♪


それでも、きつい登りですw


二の丸から本丸を見上げる

 
本丸は栖吉城に比べ少々狭いかな、でもその斜度や落差は栃尾城のほうが凄い。


栃尾市街を一望、しかし急峻な山城です・・難攻不落


斜面にへばりつきながら本丸目指して攻め上がる。
当時は遮蔽物になる樹木は伐採されていたでしょうから・・
力攻めでは落ちませんw


秋葉神社から~


栃尾城の詳細については「埋もれた古城」など他検索して調べてみて下さい。







今回はHARAさんの案内で栖吉城から栃尾城と踏査(見学)して歩きました。
4~5月のこの時期は城趾見学には最高の時期です。
ブッシュも薄く遮蔽物もなく遺構がよく見える、おまけに涼しく、毒虫もいない。
この時期に集中して見学せねばなるまい。
夏にはとてもできせんw


HARAさん、Endoさん、楽しい時間を過ごせましたね♪

つぎに行くお城が楽しみです^^


おしまい



バイク用品&インプレッションウェビック




ki